持病のある学校の先生との出会い



≫この恋活アプリはかなりの確率で出会えます。私が素敵な彼氏と出会えたのもこのアプリのおかげです!


ペアーズのプロフィールには、障害があることを明記した。

私は37歳の千葉県に住む女性です。婚活をしているのですが、あまり時間もありませんので無料で使えるオンライン婚活であるペアーズを利用しています。
登録するとき思ったのですが、いずれ打ち明けるのであれば、最初から収入と持病のことを書こうと思いました。私は障害があって障害年金も受けています、ときちんと書きました。
そうするとある程度のフィルターにはなるのですが、そこで、同じく障害を持っている学校の先生から、「障害を明記する勇気に感動した。友達になってほしい」とメッセージが来ました。もちろんOKです。

持病は大変重いので、婚活の対象外かもしれない。

その方は私以上に重たい障害を持っておられ、週3回の人工透析が欠かせないそうです。そのため公務員で収入も650万円という好条件ながら、婚活に苦戦しているそう。確かに持病が重すぎて、ちょっと引いてしまいます。ですが非常に誠実な方で、一生懸命話をしてくれましたので、仲良くなれました。

婚活の報告をしあう、茶飲み友達に。

出会いはペアーズですが、二人の間にご縁がなかったとしても、同じ障害を持ってがんばっているもの同士、友達になることにしました。重度の障害なのは一緒ですので、近況を報告しあったりする程度の茶飲み友達にはなりました。こんな出会いもあるものですね。いろいろな出会いをくれるペアーズに感謝です。

170万人が利用している新しいマッチングサービスです。

pairs

620万組のマッチングが成立した新しいfacebookの恋愛マッチングサービスです。

≫facebookを利用した新しいマッチングサービス。かなりの確率で出会えます!